さまざまな依頼

販促やイベントに合わせて依頼するケースが多かった手提げ袋のオーダー。自社のロゴやイベント名、学校名など、オリジナルの印刷を入れられるとあって人気の高いグッズです。 また受け取る方としても【手提げ袋】は二次使用がしやすく使う勝手もいいので、おしゃれなデザインなら企業のロゴが入っていても使っている人も多いものです。 最近では印刷枚数が少なくても受けてくれる企業が増え、個人でもオーダーすることができるようになりました。おもにイベントや結婚式など、ある程度の枚数(100枚以上から受注可能な場合が多い)のオーダーが条件ですが、デザインやざいし、ロゴやイラストの印刷など、オリジナルならではの手提げ袋が作れます。もちろんクオリティはプロ仕様なので安心です。

基本的に手提げ袋なども扱う専門の印刷業者に依頼すれば、こちらの希望通りに仕上げてくれます。しかしデザインなどの受け渡し方法やできること(デザインや紙質、色など細かく指定するフルオーダー、規定の商品のなかからオリジナルのロゴやブランド名などだけを印刷するセミオーダーなど)は会社によってさまざま。値段も、使う材質や印刷する枚数によって異なります。 依頼する場合は事前に大まかなイメージを固め、何社かに見積もりをとると比較ができて選びやすくなります。一社に絞るときは値段だけにとらわれず、担当者とのやりとりや納期の日数なども考慮しましょう。とくにフルオーダーを希望する場合は日数がかかることが多く、担当者のレスポンスの早さが重要となります。